ライター

ライターならブログやアフィリエイトをやるべきだと思う【記事の資産化&実績作り】

ブログで資産&実績をつくろう

記事を書くという点では似ているところも多い、ライターとアフィリエイト。
違いというか、ライターの仕事をするメリットのひとつは、アフィリエイトと違って確実に収入を得られることです。

アフィリエイトの場合、頑張って記事を書いてもそれが収益につながるかは分からない。つながるとしても、かなり先のことかもしれない。

一方、同じ記事を書く仕事でも、ライターの仕事は確実に収益になります。

 

とはいえ、「ひたすら記事を書いてその分のギャランティだけをもらう」働き方だけをしていては、労働収入から抜け出せないと思います。
つまり、自分が動くのを止めれば収入も即ストップしてしまうという状態。

せっかく記事を書くスキル、SEOで上位表示できるスキルがあるなら、自分でブログを開設してアフィリエイトにも取り組むべきだと思います。
まあ、「べき」っていうのはおかしいか。もちろん他にもやり方はいろいろあるし、「ライティング一本で生きていく」という強い思いがある人はOKです。

ただ、収益の分散やベーシックインカム的な収入を求めるなら、ライターとアフィリエイトは相性ばっちり
というか、たぶんライターとしてアフィリエイト記事を書いている人も多いですよね。

 

ぼくは現在アフィリエイトで月30万円前後の収益があります。
目標は月100万円以上なのでまだまだですが、それでも毎月この金額が入ってくるのはなかなか大きい。
これにライターなど他の仕事もあわせれば、フリーランスとしての収益も安定します。

その収益面も含めて、ライターがブログやアフィリエイトをやるメリットについて紹介します。

?

ライターがブログ・アフィリエイトを始めるメリット

1)記事が資産になる

ブログ記事は自分の資産になる

上でも書いたように、アフィリエイトの場合、記事を書いたからといって確実に収益が得られるわけではありません。
おそらくこれが、アフィリエイトの仕組みを知っていても実際にやらない人が多い理由じゃないでしょうか。

ただ、やり方が間違っていなければ、ブログに書いた記事は今後長く稼いでくれる自分の資産になっていきます。
これがライターの仕事との大きな違いです。

ライターの場合、書いた記事を納品すればその分の収益を得られるけど、「その分の収益しか得られない」という言い方もできます。

 

一方、アフィリエイトの場合は、今日書いた記事が今後数年に渡って稼ぎ続けてくれる可能性がある。
ある1記事が毎月数万円を安定して稼いでくれる、ということも珍しくありません。もちろん、長い間上位表示し続けるのは簡単なことではありませんが。

中にはハズレの記事も出てくるにせよ、継続していればコツもつかめてくるし、上手く資産になる記事を書けるようになっていくはずです。

最初の収益は少なくても、続ければ続けるほど記事が積み立てられ、自分のサイトが分厚く・強く・稼げるものになっていきます。

 

実際ぼくも、ほとんどアフィリエイトサイトを更新していない時期があったけど、収益は安定していました。
とはいえ、ずっと放っておくとさすがに落ちていくので、いまも必死に作業を続けています。

2)ライター初心者の実績や新しいジャンルの実績になる

ライター初心者は、新しい案件に応募する際、ライティング実績に困る場合があると思います。
これまで記事を書いた実績がないために、報酬の低い案件に応募することもあるんじゃないでしょうか。

ただ、自分でブログを書いていれば、そのブログの記事自体がライティング実績になります。

ブログの場合、勢いで一気に書きがちだろうけど、「読みやすい文章が書けるかどうか」ぐらいは、ある程度判断できると思います。

 

基本的な文章力の証明になる以外にも、あるテーマについて詳しく書いていれば、ライターとしての専門性もアピールできます。

なので、たとえば高単価ジャンルについて勉強しつつ自分のブログで記事を書いていけば、実務経験はなくてもそのジャンルの原稿を任せてもらえる可能性はあるはずです。

ライターとしてジャンルを広げたいとき、単価の低い案件をこなしながら勉強する&実績を積む、というのもひとつの手ですが、自分のサイトで書いてしまえばブログ記事自体がライターとしての実績になり、さらにアクセスが集まればアフィリエイト収入も発生する、という一石二鳥です。

3)実力の証明になる

上位表示できればライターの実力照明になる

上の「実績」とちょっと似てるけど、自分でブログやアフィリエイトサイトを作ること、そしてそこで成果を上げることでライターとしての実力の証明にもなります。

ライターに記事を依頼するクライアントは、基本的にはその記事を検索で上位表示させたいと考えているはずですよね(掲載メディアの目的にもよりますが)。

つまり、上位表示できる記事を書くことは優秀なライターの必須スキルともいえます。
もちろん上位表示の要因は記事の質だけではないのですが、少なくとも自分が運営するサイトで上位表示できていれば、SEOに強いライターと評価されやすいはず。

「SEOに強い記事を書けます」とざっくりアピールするより、自分のサイトで「このキーワードで1位です」「月●万PVあります」というほうが圧倒的に説得力が出ます。

たとえば、ぼくがいま運営しているブログのひとつは月30万PV前後あります。たとえ個人サイトであっても、この数字を評価してくれるクライアントは多いだろうと思います。

4)個人のブランディングになる

ライターとして自分のサイトを持っておくことで、個人のブランディングになります。

継続して情報発信していくことで、サイトの問い合わせから仕事につながることもありえるでしょうし、たとえば同業者向けに有料noteを販売することも可能。
まあそれをやるかどうかは別として、フリーランスとしてネット上に自分の場所を作っておくのは重要だと思います。

このブログも、まだ始めて間もないですが、今後長く続けていく予定です。

ブログの始め方 最初は無料ブログでもOK

最初はWordpressではなく無料ブログでもOK

ブログを始めるなら、「独自ドメインを取得してWordpressで作成するのが良い」と言われることが多いです。
たしかに長い目でみればそれが良いと思うし、実際このブログも新規の独自ドメインで作ってます。

ただ、新規ドメインで始める場合、最初は全くアクセスが来ません。
よほどSNSのフォロワーが多くてそこからの流入が多いとかなら別ですが、検索流入に頼る場合、これはGoogleの仕組み上、仕方ないことです。

新規ドメインは評価が低くてしばらくは上位に上がってこないし、そもそもインデックスされるまでにもかなり時間がかかってしまう。

このアクセスの全くない期間がしんどくて、更新を止めてしまう人もいます
実際、どれだけ頑張って良い記事を書いても全く反応がないっていうのは、けっこう辛いことです。暗闇の中をひたすら走り続けるような感じ。

経験者ならもう分かっていることだから継続できても、初めてブログを作る人にとっては、モチベーションが切れるのに十分な理由になりえます。

 

それなら、個人的には無料ブログで始めるのも全然ありだと思います。

無料ブログというか、おすすめは「はてなブログpro」ですね。1ヵ月1000円ほどかかるので有料ですが、使いやすいしデザインテンプレートも豊富にあるし、検索にも強いです。

>>はてなブログ

よく「無料ブログは自分のものじゃないし、いつ無くなるか分からない」と言われることがあるけど、実際なくなることってほぼ無いですよね。
アダルト系とか変なこと書かなければ、運営から止められるようなこともないでしょう。
はてなのサービスが急に閉鎖されることもなさそう。

逆に無料ブログ(ブログサービスのドメイン)の場合は、最初からドメインが強い、アクセスがめっちゃ集まっても落ちない、などのメリットがあります。

 

なので、ブログを作るのが初めてという人なら、最初からアクセスが集まりやすい無料ブログ(おすすめは有料だけど「はてなブログpro」)を選ぶのも、良い選択だと思います。
最初からアクセスが集まることで記事の反応も見えやすいですし。

「目先のアクセスなんて気にせず淡々と更新できる」という人は、やっぱりWordpressで独自ドメインで作るのがおすすめです。

アフィリエイトの始め方 必要な情報は全て無料で揃う

アフィリエイトにはいろんな方法があるし、中には有料でノウハウが販売されていたりもします。
ただ、基本的には初心者が有料商材やセミナーにお金を使う必要は全く無いです。

いまやアフィリエイトで稼ぐのに必要な情報は無料で十分揃います。何かにお金を使うとしたら、ある程度の結果が出てからでOK。

何から始めていいか分からない人は、とりあえず「ひつじアフィリエイト」というサイトで勉強するのがおすすめです。

>>ひつじアフィリエイト

このサイトを作っている人は、1年で月100万円を達成したアフィリエイター。
アフィリエイトの教科書といえる内容で、いわゆるアフィリエイトの王道のやり方を学べます。
ぼくもメルマガ登録していますが、めちゃくちゃタメになります。

まとめ

どんなジャンルのサイトを作っていいか分からないという場合は、まずは収益を意識せず、好きなこと・得意なこと・自分が持っている知識などを書いていくブログから始めるのが良いかと思います。

「ライターをしているけど自分のサイトを持っていない」という人は、ぜひ今から作ってみましょう。

?
?