ライター

サグーワークスのプラチナライターテストに合格するコツ!文字単価1円以上で初心者でも稼げる

サグーワークスプラチナライターテストに一発合格!

専業にせよ副業にせよ、ライターの仕事を始めたばかりの人は、「ランサーズ」や「クラウドワークス」などを利用して仕事を受ける場合が多いと思います。

とはいえ、実績がないと単価の低い案件しか請けられないこともあるはず。
クラウドソーシングをチェックしてみると文字単価0.3円とか、なかなか「ふざけろ…」っていう感じの依頼も多いですよね。

「早く文字単価をアップさせたい」というのは、ライター初期に誰しもが持つ悩みというか課題だと思います。

 

もしあなたが、「文章力にはそれなりに自信があるけど、実績がなくて文字単価の低い案件しか受けられない…」と考えているなら。

手っ取り早い方法のひとつは、「サグーワークス」というサービスで「プラチナライター」の認定テストに合格することです。

 

?

文字単価1円以上の案件を受けられる、サグーワークスのプラチナライター



サグーワークスは、ざっくり言えば記事作成に特化したクラウドソーシング
コンテンツマーケティング・SEOコンサルティングを行なう株式会社ウィルゲートが運営しているサービスです。

ランサーズなどと違って、「間に運営のディレクターが入ってくれる」、「基本的に記事は承認制(ランサーズなどでいうタスクに近い形)」、などの特徴があります。

 

このサグーワークスで独自に設けられているのがプラチナテストという仕組み。
用意された課題を受けて合格し「プラチナライター」になれば、文字単価1円以上の案件を請けられるようになります。
「以上」なので、中には文字単価2~3円の案件も。

これまで文字単価1円以下の案件を請けていた人は、ライター収益が一気に底上げされるはず。実際、プラチナライターの中には月収50万円以上稼ぐ人もいます。

サグーワークスで記事作成をしたことがなくても、いきなりプラチナテストを受けるのもOKです。実際ぼくがそうでした。

なので、ライターを始めたばかりでも、自信があればいきなりチャレンジしてみても良いでしょう。テストは何度でも受けられるし、レギュラー案件を見るとやっぱり文字単価1円以下が大半ですし。

 

ただ、話を聞いてみるとこのテスト、合格率は1%、つまり100人受けて1人が受かる難易度らしいので、合格するのは決して簡単ではありません。

でも、ちゃんと基本ができていれば大丈夫。詳しくは下でも紹介していきます。

>>サグーワークス【プラチナライターテスト】に挑戦する

ライター初心者でも、チャレンジしてみるのはおすすめ

「最低限の文章力が無い」場合は、文字単価が低いのもある意味当然といえます。

ぼくは発注側でクラウドソーシングを利用したこともありますが、「なるほど…(これでは高いギャランティは払えないだろうな)」というクオリティの記事も少なくありませんでした。

ただ、文字単価1~3円ぐらいの案件で求められるのはそこまで難しいことではなく、”最低限の基本的な文章力”です。
文章の基本を学んで、実際にたくさん書いてみて、まず文章力をアップさせましょう。これは短期間でも可能です。

関連記事)
文章の基本を学ぶ!初心者ライターにおすすめのライティング本3冊(※追ってアップします)

 

とはいえ、自分の文章がどのくらいのレベルなのか判断するのも難しいと思うので、とりあえずチャレンジがてら、このプラチナライターテストを受けてみても良いと思います。
ひとつの力試しにもなるでしょうし、意外と自己評価が低かっただけで十分高いスキルを持っているかもしれません。

たとえば、ぼくはプラチナライターテストに一発合格したので、このブログを見ていて「別に全然普通やんけ」と感じたなら、十分合格できる可能性があるはずです。

>>サグーワークス【プラチナライターテスト】に挑戦する

ちなみに、サグーワークスでは、取材ライターや、ライターの記事をチェックする編集者も募集されています。
こちらも興味がある人は応募してみてはどうでしょうか↓
 
>>サグーワークス 編集者・取材ライター募集!

 

「サグーワークス」プラチナテストの内容とコツ・対策

実際にこのテストを受けてみましたが(結果は一発合格!)、合格率1%というだけあって、想像していたよりもガチな感じというか、実践的な内容でした。

▼プラチナライターにランクアップ(サグーワークスのマイページ画面)
プラチナライターにランクアップ

文章を書くことに慣れている人、WEBライティングを勉強している人なら、たぶんそこまで難しくないと思いますが、ライター初心者なら少しハードルが高く感じるかもしれません。

とはいえ、WEBライターとして仕事をしていくなら絶対に必要なスキルが問われているテストです。
いまは難しく感じても、ライティングを勉強してクリアしましょう。

 

課題は全部で3つありました。
以下、テストの内容と、簡単に対策というかぼくが意識したポイントなどについてです。

テストの内容を詳しく知りたい場合は、下からすぐ見れます↓
受験には時間制限も無いので、問題内容はいつでも何度でも見られます。

>>プラチナライターテスト

設問1:基本的な文章力が問われる、リライトに近いテスト

設問1は、記事の内容が箇条書きに近い形でまとめられていて、それをもとに魅力的で分かりやすい文章に仕上げていくという内容。場合によってはタイトルや見出しも変更する。
リライトに近いようなテストですね。

ぼくはタイトルとすべての見出しの内容を変更し、見出しは追加もしました。

この設問で意識したポイントとしては、

  • 記事の序盤でユーザーに「この記事は自分に関係している」と興味を持ってもらうこと
  • ユーザーにとってのメリットを分かりやすく見せること
  • 見出しは細かく分けること

などです。まあこれらはWEBの記事を書く上で常に大事なポイントですが。

設問2:構成・ストーリーを考え、見出しを作る

設問2は、構成力を計るテスト。
記事のキーワードと想定読者が設定されていて、それに対してどんな記事を作るのか構成を考える。
構成テストなので、記事は作らず、全体のストーリーと見出し作成までを行ないます。

実際に記事を書くときにもこれに近いものは作るし、記事の骨格になる、かなり重要なポイント。実践的なお題です。

ポイントになるのは、

  • 見出しをざっと読んで流れが綺麗か、分かりやすいか
  • 記事を書くところまで意識できているか、記事の完成形をイメージできているか

です。

たとえば、いま読んでもらっているこのページの冒頭にも目次がありますが、ざっと見てこの記事の全体像が何となく分かりますよね(もし分かりにくかったらごめんなさい笑)
見出しの流れとか分かりやすさっていうのはこういうイメージです。

記事の内容について全く知らない人に教えることをイメージして、構成・ストーリーを組み立てましょう。

設問3:イチから記事作成。リサーチも必要

最後は、記事のキーワードとタイトルが決められていて、イチから記事作成をします。
ボリュームは2000文字~3000文字。

いくつか指定はあるものの、ほぼイチから記事を作成するので内容についてのリサーチも必要になるし、当然この設問3がいちばん時間がかかります。
クライアントの設定・目的や想定ターゲットなども用意されているので実践的な内容。クライアントが何を実現したいのかを理解することも大切です。
こういう案件は実際に多いですね。

ストーリー・構成、さらにイチから記事を組み立てる表現力と、設問1・2のどちらの要素も必要になる、総合力が問われるテストです。

 

ここでは、設問2でやったように、書き始める前にストーリーや構成をよく考えましょう。
ここが大事なのでここに時間をかけるべきです。

また、記事の主張、つまりこの記事で結局何が言いたいのか、読んだユーザーはどうすればいいのかについても、書き始める前に自分の中ではっきりさせておきましょう。

 

リサーチの方法としては、基本的にはそのキーワードで実際に検索してみること
そして上位の記事だけでなく、下の方まで、場合によっては2~3ページ目の記事の内容まで見ましょう。
参考にする記事が少ないと、どうしても内容が似てしまうし、オリジナリティがなくなってしまいます。そうなると当然、評価は低くなるでしょう。

リサーチにどこまで時間をかけるかはあれですが、ネットから拾えない情報を集めてみるのもありです。書籍を読んでみるとか。

 

テストを受けてみた感想

以上、ぼくは3問すべてあわせて3時間近くかかりました。ちょっと時間かけすぎた…。
もっと簡単なテストだと思っていたので、若干モチベーションが下がったっていうのもあるかもしれません。まあそれぐらいでやる気なくすなやって話ですが。

なので、気軽に受けるというよりは、ちゃんと時間を確保して気合い入れて受けるほうが良いテストです。
気軽に受けてそれで落ちてしまったら、再度受けるのは余計に骨が折れますしね。

まだ経験が浅くて時間がかかってしまう人も、気にせず自分のペースで時間をかけて受けましょう。テストに時間制限はないですし。

 

あと、これはすべての設問に共通したことですが、前提として条件はしっかり読みましょう。
たとえば「タイトルは固定」と書かれているのに変更してしまっていたら、いくら良いタイトルでも評価はむしろ下がるはずです。

それだけで不合格の要因になるかは分からないですが、前提条件を守れていない人には今後仕事を任せるのが不安になりますよね。

 

プラチナライターになれば、クラウドソーシングで0.3円の原稿を書くより、サグーワークスのレギュラー案件を受けるより、ずっと単価がアップします。
ここは仕事のつもりで頑張りましょう。

>>サグーワークス【プラチナライターテスト】に挑戦する

 

プラチナライターテスト合格に必要なのは、WEBライティングの基本

SEOやwebライティングの基礎を身に付けよう

上で内容についても紹介しましたが、プラチナライターテストを受けてみて、必要だと感じたのは大きく3つ。

・最低限の基本的な文章力

・SEOを意識したWEBライティング

・分かりやすい順序と見出しで伝える構成力

です。

要するに、このテストならではの特別な対策が必要というよりも、文章の基本・WEBライティングの基本が問われるテストということですね。

それぞれ、詳しく紹介します↓

文章力

文章力に関しては、本当に基本的なところ。
たとえば「てにをは」の使い方や、読みやすさ・リズムなどが大事です。
すごく基本ですが意外と難しいところであり、プロのライターでもできていない人は多いです。

以下を参考にしてみてください↓

関連記事)文章の基本を学ぶ!初心者ライターにおすすめのライティング本3冊(※追ってアップします)

SEO・WEBライティング

「SEO・WEBライティング」に関しては幅広くてひとことで言うのが難しいですが、拾い読みしやすいこと、重要なキーワードが入っていること、が特に大事だと思います。

ネットの場合、全文は読まれづらいため、ざっと見るだけでも記事の趣旨が分かる記事が望ましいです。
また見出しなど重要なポイントにキーワードを入れていくのがSEO的に重要。

もちろん、最低限のSEOの知識は身に付けておきたいですね。

 

SEOやWEBライティングについて勉強するなら、書籍もいろいろ出ていますが、コンテンツマーケティングを行なうバズ部のサイトがおすすめです。

特に以下にまとまっている記事は、かなり重要なことが書かれていてモロに参考になるはずです。

>>SEOで成果を出すために必要な知識と実践方法の全て

構成力

構成力に関しては、主に説明する順番と見出しの作り方ですね。

記事全体で言うことが決まれば、それをどんな順番で言ってあげるのが良いのか。
そして、どんな見出しを付ければ分かりやすくなるか。

 

見出しを付けるコツは、これは人によって考え方も違うところですが、個人的には「大見出し」-「小見出し1」・「小見出し2」…、と細かく分けるのが良いと思います。

また、「○○って?」「○○って効果あるの?」など中身が見えない見出しよりも、ぼくはある程度の結論・答えが分かる見出しを意識しています。ユーザーの立場からすれば、そのほうが良くないですか?

最終的に見出しだけを集めてざっと見たときに、流れが綺麗か・見出しだけでも全体の趣旨が分かるか、をチェックしてみると良いでしょう。

 

構成を勉強するなら、ネットで何か調べ物をしてみて、自分が上手いと感じる見本になる記事を読んでみるのがおすすめです。
基本的には、上位に表示されている記事は分かりやすく・読みやすく説明されているはず。

たとえば上であげたSEOやWEBライティングに関するバズ部の記事なんかは、それ自体がやっぱりめちゃくちゃ分かりやすいです。

 

以上、この3つのポイントを初心者の方が学んでいくなら、下の流れが良いかと思います。

▼書籍やネットで文章の基本を学ぶ・基準を知る

▼書籍やネットでWEBライティング・SEOライティングを学ぶ

▼ネットで上手い記事をたくさん見てみる

▼たくさん書いてみて、これまで学んだポイントで自分の記事を厳しくチェック・または人に添削してもらう

これらが身に付いていれば、特別な対策などはしなくても、自然とプラチナライターテストには合格できるはずです。

>>サグーワークス【プラチナライターテスト】に挑戦する

 

サグーワークス「プラチナライター」でどれくらい稼げるのか

サグーワークスでプラチナライターになると、実際にどんな案件を受けられるのか、チェックしてみましょう。

文字単価1円以上・文字数の多い案件が中心

サイトで募集されているプラチナ向け案件を見ると、やはり基本的に文字単価は1円以上。大体1~1.5円ぐらいの案件が多い印象です。
また、3000字など比較的文字数のある案件も多いので、1記事で稼ぎやすい傾向はあると思います。

▼プラチナライター向けの案件(念のため案件名はぼかしてます。1pt=1円です)
プラチナライターの案件

たとえば上の、3000字で3600pt(3600円)の記事を1日3記事書けば、日給10800円
プラチナライターになれば、1日1万円を稼ぐのはわりと現実的な数字でしょう。つまり毎日休みなくやれば、月給30万円以上ですね。

実際、上位のライターさんでは50万円以上稼いでる人もいます。おそらくサグーワークスだけを利用しているわけではないと思うので、ライター収益としてはもっと高いはずです。

チャットワークでプラチナ限定の募集情報も

あと、プラチナライターになると、運営の方から案内が届きチャットワークのグループに参加することになります。

ここで、プラチナ限定の案件がわりと頻繁に募集されています。それも、基本的にサイト上で募集される案件よりも条件が良いものが多い。

文字単価は2~3円ぐらいの案件が多く、また文字数も5000字以上などが多いです。これなら1記事で1~2万円程度の収益も実現可能ですね。

募集は不定期ではあるものの、ふだんはサイト上の案件で書きつつ、この限定案件を狙っていけば、さらに収益アップを狙えます。

また、プラチナライターになれば、ランサーズなどと同様に直接依頼を受けることもできます。

>>サグーワークス【プラチナライターテスト】に挑戦する

 

まとめ

ライターで本気で稼ぐことを目指すなら、できるだけ早くプラチナライターテスト合格を目指すべきです。

逆に、ちょっと厳しい言い方ですが、このテストに合格できないのであれば、他のクラウドソーシングでも文字単価の高い案件を受けるスキルがまだ身に付いていないということじゃないでしょうか。テスト内容はかなり実践的でリアルですし。

その場合は、やはり基本を学び、自分の記事を厳しくチェックしていく必要があるでしょう。

 

正直、「文字単価1円」って本来は別に高いわけではないですよね。0.3円などの案件があるせいで良く見えてしまうけど。
本気でライターを仕事にするなら、せめて3円以上とか、もっとそれ以上を目標にしていきたいところです。

でも、特にライター初期であれば、文字単価1円でも嬉しい金額じゃないでしょうか。1時間に3000字書けるなら時給3000円ですからね。
実際は調査などでもっと時間はかかるでしょうし、それほど単純計算で稼げるものではないですが。

  • 早く文字単価1円以上にアップさせたい人
  • 自分の文章力を確かめたい人
  • 実績を作って早く初心者ライターを脱したい人
  • 直接依頼を増やしたい人

は、ぜひプラチナライターテストを受けてみてください!

>>サグーワークス【プラチナライターテスト】に挑戦する



?
?